にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へにほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
 
welcome to http://hiroko3da.blog35.fc2.com/

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | --:--
スポンサー広告

 ジンカンの約束 

 人間の住む世界には約束事があります。
 「私は権利を主張します,代わりに貴方の権利も認めます」,「自分がしたことは,他人にされても構いません」という約束があります。

 買い物の行列に,自分の前で割り込みを許す人がいた時には,強い権利侵害を感じます。 何かワイロでも貰ってるんじゃないかとも。「権利の主張;順番を守ってください。約束;私は割り込みをしません。」

 渋滞のなかでも,わき道からの車を前にどんどん入れてやる人がいます。勿論,入れてやらない人もいます。
 入れてやる人は,わき道から来た人の笑顔が嬉しいのでしょう。
 しかし,割り込みさせる事が“後ろの車にとっては大変な裏切り行為”だと思う人は,“迷惑だから,信号のある交差点から来なさいよ~”と思って,わき道からの車を入れてやらないかも知れません。
 渋滞でなかったら,わき道からの車も自然と出入りできるでしょうに。

 いずれにしても,入れてやる・入れてやらないという行為は,片方から見れば許されても,片方から見れば許しがたい事で,判断・行動する時には,葛藤を伴うことになります。
 
 自爆テロは防ぐことは非常に困難だと思われます。 死ぬことを覚悟した人には,“命をもって償う”という考えが存在しないからです。  死ぬ覚悟を決めている人が人を殺す行動を,刑法【償いのルール】で防ぐことはできないのです。
 
 宗教的であれ,報復的行動であれ自爆テロは本当に怖い。

 自殺願望の人の行動にも恐怖を感じます。 死ぬ前に~~ヤッテオコウ・・・なんて行動の結果,迷惑を被る人がなければ幸いということになってしまいます。
 身勝手な考えの人は,誰にも理解されず,誰からも愛されることも無く,孤立するしかありません。この孤立に耐えられなければ,www “死にたくなる”という悪魔のサイクルが出現します。

20060924091247.jpg



続きを読む
スポンサーサイト
2006/09/24 | 08:00
心の健康コメント:2トラックバック:0

 マイバッグ 

 日本の輸入原油の0.23%を私たちは只で貰って捨てているそうです。   環境庁では,「排出を削減する」の観点から無料配布禁止を検討しているとか。
 そうなんです,コンビニやスーパーで貰ってくるレジ袋の有料化の法律の話です。 輸入原油の0.23%とは凄い量です。 ゴミになる量としても凄い量。
 生協・コープなどで10円の有料にしたところ,マイバッグが90%になった例もあるとか。
 有料化になったら流石にマイバッグを持ち歩く習慣が身につくような気がします。
<いかな無精ヒロコでもne>

2006/09/16 | 01:48
未分類コメント:4トラックバック:0

 金属工場 

 化石資源を使わないで,自然のエネルギーで賄う循環型社会のために,植物工場や水素電池等が考えられています。十分に期待して良い技術だと考えられます。これに加えて, 素晴らしいアイデアが雑誌に掲載されていました。 興奮しています。
 今日本屋さんで立ち読み^^^。<ゴメンナサイ本屋さん>
 それを読んで,砂漠を買いに行こう^^^と本気になりそうです。
 
 太陽光は昼間しか使えません。昼間蓄えておけば夜も太陽光エネルギーを使うことができます。 風のエネルギーも貯蔵できないことには,冷蔵庫のビールも呑めなくなってしまいます。

  エネルギー循環の課題である自然エネルギーの貯蔵・オンサイトへの移動を可能にする アイデアです。
 
 提案されていたのは,金属マグネシュームでした。 金属Mgは写真機の初期のストロボに使われた程の, 強い酸化発光が有名です。 水と激しく反応して水素と熱を発生します。 そうなんです,エネルギーを取り出すには水をかけるのだそうです。
 どうやってエネルギーを貯蔵するかというと, 水をかけてできた酸化マグネシュームを自然エネルギーを使って, 元の純金属Mgに還元するのだそうです。

 提案は,酸化マグネシュームを沸点を遥に超えた温度にする^のだそうです。 全部気体になってしまう温度です。 www^単に加熱しては,容器までもが気体になってしまう4000℃。

 でっ,太陽光で励起できる局所加熱レーザの開発が課題になるそうな。 
 
 砂漠を買い占めたくなったでしょうw。

2006/09/10 | 00:05
代替エネルギーコメント:4トラックバック:0

 目標の高さ(2) 

 山登りで思い出しました。こんな話を聴いたことが~。
 山で遭難した時,山小屋に辿り着くことを目標にしてはいけない!そうです。 たどり着くのが目標だとすると,山小屋が見えた瞬間に,力尽きてしまうそうな。<もう少しッテトコデ>

 これに似た経験。
 高校時代の苦手のマラソン大会。 ようやくゴールが見えて「ああゴールだ~」と,思った瞬間に,足がもつれて^^^転んで擦り傷。

玉簾。20060827003142.jpg




 でっ,山登り遭難の場合は
 山小屋に着いてから,何をしたいのかをイメージするんだと^^  <ソウナン^>

2006/09/03 | 23:38
心の健康コメント:5トラックバック:0

 
Copyright © Hirokoの楽しさいっぱい All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。