にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へにほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
 
welcome to http://hiroko3da.blog35.fc2.com/

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | --:--
スポンサー広告

 Seven 

 神様を礼拝することによって 福がくる。  しかも 一緒に七柱の神様がいることにすれば 一挙七得になる。

 七福神を乗せた宝船が好まれるのは この効率の良さでしょう。
 また ご近所に各神様を祀り 7箇所を巡礼するのも 宝船に近い考えのような気がします。
拍手&礼拝することによって 福が期待でき 楽しい気分になれるので 娯楽として七福神巡礼が流行したとの説もあるようです。

 当節の技術開発競争に 優位に立つという目的で 七福神を拍手&礼拝したとしても 福を呼び込むことはできそうにありません。
 でも 神仏習合状態とは云え 各神様の教えは 傾聴するに価するようです。企業競争に勝つ為の術(スベ)を教えているような気がします。


もっこりビオラ
もっこりビオラ


七福神と7つの術

・布袋和尚(ホテイ)
姿かたちからして 本当の太っ腹。 売値を抑え 薄利でも良いから 売り上げ拡大。

・恵比寿(エビス)
海老で鯛を釣るが如く 投資効率アップこそ成功の秘訣。(小さな仕事も大切。わずかな投資でも利益を生む。)

・毘沙門天(ビシャモンテン)
企業活動も勝負事と同じ! 正々堂々と戦うべし。(不良隠しや株価操作等とんでもない!!!)

・弁財天(ベンザイテン)
顧客をつかむ正しい言葉使いが売り上げに直結し 将来を見据えた計算能力が企業力となる。

・大黒天(ダイコクテン)
真っ黒な姿と米俵が特徴。 真っ黒になるまで 汗水を惜しまず 田んぼを耕すことが 豊作につながる。
成功の秘訣は 汗水(努力)を惜しまないこと。

・寿老人(ジュロージン)
頭から泉のように知恵を湧き出させる。 斬新なアイデアが将来を担う。

・福禄寿(フクロクジュ)
技術を蓄積し技術の引き出しを多くする。 引き出しの多さが技術革新へつながる。


スポンサーサイト
2008/04/21 | 22:16
技術者コメント:0トラックバック:0

 失うもの 

TVクイズ番組を楽しんでた時のこと
出題者から 「画面に5~6個の数値が一個ずつ出て,すぐに消えます。その数値の位置を覚えてください

 番組の回答者も・・・クイズ得意の母も全くダメ!ヒロコにいたっては最初の位置すら覚束オボツカない状態。  その後,
 番組ではお猿さんが登場して,苦も無く・・・2桁の数値にし,しかも出題/消去をスピードアップしても正解して見せました。数や順番の概念,位置の概念を理解してるお猿さんに完全に脱帽しました。

そこで,母と二人で出した結論は~~「柔らか頭に改造しなくちゃ!」でした。

京都大学霊長類研究所長さんの話として,つい最近,聞いた話。

 ・ヒロコが500万年前に生まれていればこのクイズに正解できる能力をもっていた!。
  今は失っている。
 ・その代わりに得エたものは抽象的概念だ。 とのこと。


 そう云えば,ヒロコは数値の大きさと順番を組合せて覚えようとした。画面位置を細かく分割して言葉で覚えようとした。言葉で覚えるのでは500万年前の人,いやお猿さんに勝てないという事が分かった次第です。失った能力は大きいと云うべき事かしら。
 
 結論は「得失どっちとも云えないので難しい。」 と云うよりも,普通に考えて~

「得るものがあれば失うものもある。失うものを忘れずに考えておく。
だからと云って,小の失に拘って大得の機会を失っては何をか云わんや!。」

 と,並みの結論になりました。 

  
 愛しの君を得るならば何を失っても惜しくはない
     <恋盲目ではありませんyo>
 
0114水仙3

水仙

続きを読む
2008/01/15 | 21:02
技術者コメント:0トラックバック:0

 隗より 

 経験の無い技術を使うには,論理的に正しいかを確かめる必要があります.
それには“解”を予想して,実験方法を決めます。・・・ 先ず解より始めよってね.

 でも,実験の準備にも,実際の実験にも時間がかかります.
だから,不明変数χの数をを如何に少なくするか大事です.・・・χ(カイ)より始めよです.

 そうそう,仮説を立てて証明/否定できるかどうかの思考実験なら回数を増やせます。回(数)なら任せよです。 不精のヒロコに,うってつけの技,それは思考実験なのo。

自分一人じゃ“開きません”となったら知恵を貰う“会議”です。そっ,会(議)より始めます。
20071201003158.jpg
マリーゴールドの超拡大


続きを読む
2007/12/01 | 00:36
技術者コメント:0トラックバック:0

 ペースメーカと エレベータ 

ドアが開いているエレベータに乗って行く先釦を押す前に,ドアが閉まって上昇開始!。
キャーッ!! 誤動作かも!   墜落 怖~い。
 数秒後に5Fに停止。
 ドアが開いて降りる時。。。『どうしたのヒロコ,顔色悪いよ!』と入れ替わりに乗り込む友達に,声を掛けられた。
 5Fで呼んだから上昇したのが分かって「ホッ」

 電子機器は誤作動・故障するものです。誤動作しない限界があります。 限界を越えると誤動作するものです。
 設計・開発された当初はセーフでも・・・,新種のノイズに,,, 経験してないノイズに晒されたら・・・超危険。

 古いビルのエレベータは大丈夫かな・・・。

20070922004542.jpg


 
まさか,心臓ペースメーカみたく携帯電話の電波でエレベータが誤作動ってこと無いよね。

続きを読む
2007/09/22 | 00:51
技術者コメント:3トラックバック:0

 リコール 

 P社は「FF石油暖房機」に続いて,今度は電子レンジ12機種,冷蔵庫5機種,衣類乾燥機では8機種の製品の合計305万台に,発火の危険ありとしてリコールを公表した。1988年出荷開始もあれば,1997年に出荷を開始した製品まである。

 事故事例から発火の原因を突き止め,同じ原因で発火しそうな構造の製品の全部をリコール対象にしたようです。このP社のように「公開して対応」という姿勢は評価すべきだという意見が多いでしょう。

 通電の繰返しで半田通電部が疲労破壊(割れ)し,スパークが生じて近傍のプラスチックや封止材から可燃性ガスが発生し,ガスに引火したという。 また,冷蔵庫機械室の高い温度に炙られた床や壁から発生したガスがプリント板実装部品を腐食させたという。

 現在の製品はこれらの事故例を基に再発しない自信があるのかな。小形化や多機能化で何か新たな弱点因子を組み込んでしまったかも知れない。

 半田割れの事故は1980年代半ば頃から新聞紙上に登場している。P社も当然ながら,この現象に対策を採り続けてきたし,TVのプリント基板発火事故も,燃え難い材料へ切り替えて対策してきたはず。
 
 なぜ20年前に出荷した製品のリコールか・・・,よくもま~,事故もあったはずなのに,「20年間リコールせずに我慢してきたではないか!」との意見も無いわけではない。

20070630093136.jpg

フロックス

続きを読む
2007/06/30 | 09:34
技術者コメント:0トラックバック:1

 
Copyright © Hirokoの楽しさいっぱい All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。